実は簡単なP/Lの作成

”気軽にできる貿易”をテーマに、必要な書類・手続き、知っておくべき用語などを紹介していきます。

貿易(特に輸出)の際には、様々な書類が必要になってきます(貿易の際に必要な書類をまとめた記事はこちら)。今回は、P/L(Packing List)の書き方を徹底的に解説していきます!

私達Shippioは国際輸送を手配するフォワーダーです。もう輸送管理の煩雑な業務に煩わされることはありません。国際輸送の見積り、実際の輸送手配から支払いまでShippioのプラットフォームで一元管理できます。国際輸送に関するご相談はお気軽にShippioまで!

法人向け無料お見積りはこちら

貿易書類P/Lとは何か?

P/Lとは、Packing Listの略で、パッキングリストまたは包装明細書と呼ばれます。輸出貨物の個数、包装重量、包装サイズ、どの包装にどの貨物が入っているか、などが記載されます。基本的に価格や決済に関する情報は記載されません。

P/Lは、荷受人が貨物の内容を確認しやすくなるというだけでなく、税関に提出を求められることもあるため、事前に作成しておくと安心です。また、LCL(コンテナ混載)の場合には、貨物の包装重量・サイズが海上運賃に大きく関わってきます。そのため、通関業者(フォワーダー)に提出を求められることも多いです。

なお、包装数が少ない場合や包装内の品目が1種類の場合などは、I/V(Invoice,インボイス)で代替されることもあります。

貿易書類P/Lの作成の仕方

それでは、P/Lを実際にどのように作成していけばいいのか見ていきましょう。

上の画像が、実際のP/Lの例になります。なお、基本的に記入は英語になります。

①輸出者の名前(会社名)です。住所、電話番号も記入します。

②作成時の日付と、Invoice No.を記入します。

③荷受人(輸入者)の名前(会社名)、住所、電話番号を記入します。

④Shipping Mark(荷印)を記載します。シッピングマークは、貨物の外装につけるマークで、梱包された貨物の中身を表すために用いられます。ここで記載するマークと実際の貨物外装のマークが異なり場合にはどちらかを訂正しなければならず、余計な手間やコストがかかるので、正確に記入することが重要です。なお、FCL(コンテナ貸し切り)での輸送では、他の荷主の貨物と紛れる心配がないため、シッピングマークが不要な場合もあります。しかしながら、FCLであってもシッピングマークを課している国もあるので、基本的には付けておいたほうが無難と言えます。詳しくは是非Shippioまでご相談ください!

⑤船名、船番号を記入します

⑥船積み日を記入します。

⑦仕出地です。ここでは、東京港からの輸出という設定です。

⑧船の経由地です。利用する船が直行便ではない場合に、記入します。

⑨仕向地です。ここでは、韓国の釜山に向けての輸出という設定です。

⑩貨物の原産地です。(原産地証明について解説した記事はこちら)

⑪輸出する品目です。複数ある場合には、No. of PKGも記入します。

⑫梱包数です。

⑬各梱包の中に入っている品目の量です。

⑭梱包前の貨物の重量です。

⑮梱包後の貨物の重量です。パレットや梱包材の重さも含みます。

⑯総梱包数です。

⑰輸出者の名前です。

なお、ここで用いたP/Lのテンプレートは、以下のリンクからダウンロードできます。ご自由にお使いください!

[PLテンプレのダウンロードはこちら]

ここまで、P/Lの書き方について一通り紹介してきました。P/Lの作成は最初のうちは少々時間がかかるかもしれませんが、I/V(Invoice)からのコピペで作れる箇所も多く、慣れればそれほど手間なく作成することができます。フォワーダーに貿易手配を依頼する際には、事前にP/Lが作成できていると、見積もりや各手配がスムーズに進みます。この記事からP/Lを作成した後は、是非Shippioまで見積もり/手配依頼を!もちろん、P/Lを作成できていない場合でも随時ご相談ください。

法人向け無料お見積りはこちら


私達Shippioにお声がけください。

お客様のご要望に全力でお応えするShippioが、自社開発のソフトウェアで快適な国際輸送を実現します。

References

JETRO                                                         通関業者に輸出通関を依頼する際の必要書類

Photo by Helloquence on Unsplash